肉質・鮮度・焼き。全てにおいて規格外の最高級ローストビーフである。
まさに、舌の上でとろけるがごとき感触。
咀嚼を止めることなどは不可能であった。