スタートページをiGoogleから、Netvibesへの移行を検討している。そこで、改めて
私がスタートページに求める要件仕様を覚書代わりにまとめてみることにする。
(以下、iGoogle=GNetvibes=Nで表記)


【必須条件】

1.Operaに完全対応していることG:△ N:○
  →iGoogleはOperaでも一応表示できるもののかなり重い(公式対応ではない)。
    Netvibesは、Opera9.0.2以上は公式対応。

2.動作が軽いことG:△ N:○
  →Operaで閲覧する限り、iGoogleの重さにはストレスが溜まる。

3.Remember The Milkと連携できることG:△ N:○
  →両サービスとも連携可能だが、Opera上でのiGoogleでは、非常に高い頻度で
    Remember The Milkの読み込みに失敗する。

4.RSSフィードをまとめて取得して、閲覧できることG:× N:○
  →Netvibesは、サービス自体がRSSリーダーの機能(モバイル非対応)を持って
    おり、OPMLファイルの読み込みで、まとめてフィードを取得することが可能。
    通常のRSSリーダーと違い、複数のフィードを1画面で同時に表示できるのは、
    スタートページならでは強みであり、Netvibesの強力な強みだと思う。

5.タブ機能に対応していることG:○ N:○
  →両サービスとも、問題なく対応している。なお、iGoogleのタブ機能には、
    タブの共有機能やおすすめコンテンツ機能(まだ精度は低い)がある。

6.SSL暗号通信で使えることG:○ N:×
  →NetvibesはSSL非対応。個人的には、これさえクリアになれば完璧なのだが。


【優先条件】

7.天気予報を確認できることG:○ N:○
8.メモ機能が使えることG:○ N:○
9.Gmailと連携できることG:○ N:○
10.Google Readerと連携できることG:○ N:×
11.Google Docs & SpreadSheetsと連携できることG:△ N:△
12.Twitterと連携できることG:○ N:○
13.日経株価が表示できることG:△ N:○
14.為替レートが表示できることG:△ N:○
15.ウィジェットがたくさんあることG:○ N:○
16.ウィジェットの開発スピードが速いことG:○ N:○
17.カスタマイズしやすいことG:○ N:○
18.デザインがかっちょいーことG:△ N:○
19.(非フルブラウザ閲覧時の)モバイルに対応していることG:× N:△


と言うわけで、結論から言うと、Netvibesに移行することに決めた。
Operaに完全対応していることと、RSSフィードを取得して自由にカスタマイズ
できることが決め手になった。また、近いうちに、「パブリックページ」という
公開ページ機能が使えるようになることも魅力的だった。

iGoogleは、やはりOperaに完全対応していないことが致命的。
Opera非対応であることが、ほとんどの条件に悪影響を与えており、
正直使いこなそうとすればするほど、使い物にならなくなってきている。
(重かったり表示できなかったり)


Netvibesのようなスタートページは、効率的な情報収集・管理ツールとしては
最適なので、これからRSSを上手く使った運用方法を考えていければと思う。



関連エントリー:
   ・【スタートページ】Netvibesに問い合わせたら13分で返答が来た
   ・【スタートページ】Netvibesモバイル版を使ってみての雑感
   ・【スタートページ】国産スタートページ「trunc」β版リリース
   ・【スタートページ】iGoogleとNetvibesを比較検討する