蠅の王 -Lord of the Flies-

ウェブと営業と三行日記。

2011年06月

件の記事の「東電のピーク時供給量は恣意的に操作されているのか?」の
疑問について調べてみた。

記事内で問題としているのは、ヤフーなどでも掲載されている電気予報の電力使用率を
算出するために計算式「当日実績/本日のピーク時供給力」のうち、分母である
「本日のピーク時供給力」を東電が意図的に低く発表していないか、ということだ。


●「供給力」と「ピーク時供給力」
東電の6月6日の発表では、6月中の見通しを発表しており、
6月第4週現在の供給力は「4,960万kW」としている。
にも関わらず、「本日(6/25)のピーク時供給力」は、
東電の電力の使用状況グラフによると「4,360万kW」となっている。
(5月13日の発表では、「7月末に供給力を5,520万kW」確保の見通しが立ったとしている)


●「供給力」と「ピーク時供給力」の590万kWもの差とは何か
では、6月6日の発表では、6月第4週の供給力を4,960万kWとしているにも関わらず、
6/25のピーク時供給力を4,370万kWとしており、590万kWもの差があるのは何故だろうか。

「(本日の)ピーク時供給力」の定義は、先程の東電の電力の使用状況グラフの
ページの最下部に説明が記載されている。

※ピーク時供給力とは、電力需要のピーク(最大電力)にあわせた供給力のことであり、
火力、原子力等の固定的な供給力に加え、需給が逼迫した場合、素早く対応可能な
揚水式発電(水力)が一定量含まれております。
なお、需要が供給力を上回る緊急時には、更に揚水式発電を一時的な供給力として
追加できる場合がありますが、発電可能な時間に限りがあるため、追加分については
ピーク時供給力には含んでいません。


つまり、590万kWもの差とは、大部分が「追加分の揚水発電」と読み取ることができる。
なお、6月時点の情報は見つからなかったが、4月発表時点での揚水発電は400万kWであり、
これは発表時の「供給力」の中には含まれている。
そして、これが東電の説明では、「ピーク時供給力」には含まれていないことになる。
(400万kWの根拠は週刊ダイヤモンドの記事による)



●東電が「揚水発電」を「ピーク時供給力」に入れない理由
では、東電が「揚水発電」を「ピーク時供給力」に入れない理由は何か。

週刊ダイヤモンドの取材によると、
「東電がようやく認めた“隠し玉” 揚水発電で夏の電力不足解消へ」

[1]揚水発電を行う夜間電力の確保の問題
揚水発電は、発電までの電力ロスが30%なので、日中の発電量に対し約1.43倍の
夜間発電量が必要
となる。つまり、安定的な夜間の固定供給力が見込める分しか、
確実な「供給力」としては組み込めないということだろう。
(仮に590万kWを揚水発電で生み出そうとすると、843万kWの余分な安定的な夜間電力が必要)

[2]家庭や企業に節電を促したい
夏場の「最大電力需要」に対し、確実に「供給力」が上回ることができるか不透明なことと、
現状で見込んでいる「供給力」には、老朽化した発電所が含まれ故障リスクもあると考えて、
節電により、できるだけ夏場の「最大電力需要」を下げて欲しいということだろう。
(上記「だろう」の部分は、ダイヤモンドの記事を踏まえての私の解釈も入っている)


●東電の「ピーク時供給力」算出の考え方とは?
上記を踏まえて、よくよく東電の立場を考えてみると、「ピーク時供給力」というのは、
絶対確実な数値を出さなければならないという考えから、算出しているものと推測される。

つまり、夜間電力が少なく揚水発電で上手く電力確保できなかったり、
老朽化した発電所が故障し供給力が落ちてしまったとしても、
対応可能なバッファ込みのギリギリのラインの数値として、だ。

何しろインフラであるのだし、「ピーク時供給力」を見誤って意図しない停電が
発生することは許されない。だからこそ、確実とは言い切れない
「追加分の揚水発電」は、「ピーク時供給力」に入れられない訳だ。

それに、東電の立場からすれば、当日の「最大電力需要」+バッファ分
(安定供給に必要な予備電力8−10%分くらいか?)の「ピーク時供給力」が
確保できていれば、それ以上高めの数値を出すメリットはない。
むしろ、見かけの数値で安心されて節電を疎かにされては、肝心の夏場がより心配になる。



●まとめ及び東電の意図の推測
発表時の「供給力」は実現可能な最大数値、「ピーク時供給力」は絶対確実な数値
という意図で東電は公表しているのではないか。
そして、6/25時点での「供給力」と「ピーク時供給力」の590万kWもの差は、
大部分が確実に確保できるとは言い切れない「揚水発電」であると考えられる。

「ピーク時供給力」については、東電は低めの数値を発表している可能性はあると思われる。
ただ、元々そんなに供給力に余裕がある訳ではないので、仮に低めにすると
言っても、せいぜい100−200万kWと全体の2−4%程度ではないか。
よって、もし低めに発表しているにしても、何か変な意図があるのではなく、
単に確実性を期すためではないかと、私は推測している。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

バスツアーで東京・福島県いわき市豊間間の往復、豊間区長による被災地の案内、
ボランティア(ゴミ拾い)参加、渋谷慶一郎×七尾旅人ライブイベント。
と盛り沢山で1万円。参加費全額の1万円×84人+16万円持ち出しの100万円が、
義援金として津田さんから豊間区長へ手渡された。
被災地へ行くのは初めてだったが、行って五感で現場を感じることができ本当に良かった。

豊間区長によると、いわき市豊間では、630世帯中85%が今も避難しており、80名の方が
津波で亡くなっている。現地を見て回ったが、1階にあたる部分が壊滅状態と
なっており、海面が少なくとも5mは上昇して豊間地区へ襲いかかってきたようだ。

IMG_1102


豊間地区を襲った津波は、諏訪川を遡って2km上流にまで達したと言う。
諏訪川の入口付近の強固な堤防も一部が破壊され道路ごと陥没し、
橋の鉄製の柵は根元が折れ曲がり、ほとんどが流されてしまっていた。
残っていた住宅も、1階部分が骨組みを残すのみだった。

IMG_1152


津波の爪痕を自分で目で見て最初に思ったことは、
「これからどうすればいいんだろう」と途方に暮れたことだった。
瓦礫はある程度片付いてきているとはいえ、解体処理待ちの全壊状態の家はまだ多数あり、
移動の足となる車は流され、未だ電話も通じていない。

IMG_1154


他地区の学校に行っている子ども達もいるそうだが、豊間での生活を断念し他の土地へ
引っ越し家族も多くなってきたと言う。いわき市豊間地区は、室町時代から続く
1,200年の歴史があり、綺麗な浜辺の鳴き砂やサーフィンで有名な海を持つステキな場所だ。

なお、いわき市豊間は、福島第一原発から南へ50kmの地点だが、放射能のことは
あんまり意識されていないように感じた(実際に放射線量はそれほどでもない)。

IMG_1117


これからどうすればいいのだろうか。同じ場所で再建するにしても、全壊状態の家の
ほとんどは3ヶ月経った今でも解体処理すら終わっておらず、いつになるか分からない。
高台に移すにしても、630世帯が引っ越せるほど広いとは思えない。 

IMG_1146


豊間の街が好きな人たち。セブンイレブン豊間店長の金成さんは、
骨組みだけとなった店舗の中で、街の人たちのために毎日食料や弁当を販売している。
また、モンゴルのテント「ゲル」を4つ自腹で購入し、
今後はゲルをどんどん増やしこの地を文化の発信地にしたいと言う。

IMG_1162

IMG_1182


避難所生活がいつ終えられるのか分からない。街がどうなるのか分からない。
いつ日常を取り戻せるのか分からない。他の土地へ引っ越せば、
自分の生活の再建も早いかもしれないが、それでは故郷は失われてしまう。

IMG_1140


津波の爪痕の中で感じたのは、重苦しい圧倒的な現実。

IMG_1197



ただ、豊間区長やセブンイレブンの豊間店金成店長と話しみて感じたのは、
「力強さ」と「希望」。もちろん、重苦しい圧倒的な現実は依然としてあるものの
今回のようなイベントを実現などを積み重ねることにより、新しい生活と日常を
豊間とともに作り上げていこうというパワーがあった。
また、こういったイベントがあれば、参加したいと思う。

IMG_1160
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ