●背景・目的
『津田大介の「メディアの現場」』、改めて津田マガを購読し始めてしばらく経つが、文量が非常に多く通しで読むと20〜30分はかかるため、中々読めずに積ん読になってしまっていた。
そこで、自分のライフスタイルに合った読み方の運用を構築することで、隙間時間に少しづつ読んでいけるようにする。
要件1.外出中の隙間時間で読むために記事単位で読みたい
要件2.記事単位で未読管理を行いたい
要件3.メールやePub形式ではなく、RSS形式で読みたい
(ePub形式は、都度ダウンロードするのが面倒なのと、RSSリーダーとは違い、日常的に読む習慣がないから)


●手段の検討
事は単純で、RSSリーダーで記事単位で読めれば、目的は達成できる。
そして、メルマガをRSSリーダーで読むには、下記の3つの方法がある。

1.メールをRSS変換する
2.ePubファイルをRSS変換する
3.メルマガをウェブ記事化しているサービスでRSS変換する

1.メールからのRSS変換は、変換サービス自体はいくつかあるのだが、そもそもメールが一括配信である以上、記事単位で読むことはできないので、×。

2.ePubファイルのRSS変換は、ニーズがないのか変換できるサービス自体が見つからない。これは、仮に変換サービスが見つかったとしても、ニーズの低さから継続性に難があるので、×。
(逆に、RSSフィードをePubファイルに変換するサービスならいくらでも見つかる)

3.メルマガをウェブ記事化しているサービスでRSS変換は、記事単位で読めるウェブ閲覧型のメルマガとして、唯一の会員制ウェブ閲覧型の「タグマ!」があった。RSSフィードの配信はしていないが、無理やりRSS化するサービスはあるので、「タグマ!」をベースに運用を作ることに決定。

画像1


●津田マガをRSSリーダーで読む具体的な運用方法
色々検討した結果、ウェブ閲覧型の「タグマ!」の津田マガのページを、livedoorの「Page2feed API」にて無理やりRSS化し、ReederFeedlyアプリ)に登録することにした。
ウェブ閲覧型の「タグマ!」では、記事単位でページがあるため、RSS化して、Reederで読み込むと、記事単位で配信されてくる。
そして、Reeder内のWebビューでログインするとバッチリ記事単位で閲覧することができる。

(11/26追記)
タグマ!のどこにも見当たらなかったので気が付かなかったが、公式のRSSフィードがあることをタグマ!から教えてもらった。これにより、無理やりRSS変換した際のデメリットが消えて、より利便性が高くなったので、オススメ。
http://www.targma.jp/tsuda/feed/

結論:
津田マガ × タグマ!× Page2feed API × Feedly × Reeder



●メリット
①普段のRSSリーダーで記事を読む運用を全く変える必要がない(自分のスタイルに合っている)
津田マガを記事単位で少しづつ読めて、かつ未読管理もできる(RSSリーダーの機能で)
③iPhoneでもiPad miniでもネットでも、と場所を選ばずに読める。しかも、未読記事が端末間で完全に同期される。
Reederの連携機能で「タグマ!」のリンク込みのツイートが簡単にできる


●デメリット
Reeder内のWebビューで読むのだが、セッションがすぐに切れるのか、3〜4週間ごとに再ログインし直す必要がある。
(有料ログイン必須なので、、Reeder内に全文取得することはできない)
②「タグマ!」の津田マガを「Page2feed API」で無理やりRSS化した形だと、フィードが1記事あたり2つに重複されてしまう。
③「Page2feed API」で無理やりRSS化したフィードは、「タグマ!」にUPされてから配信されるまでに1日程度はタイムラグがある。
④「Page2feed API」がlivedoorの実験サービスのせいか、時々サービス自体が落ちていることがある(よって、取りこぼしが発生することもある)。
⑤「タグマ!」の記事は、ウェブ上のバックナンバーには5週間分しか残らないため、それを過ぎるとRSSリーダーからは直接は見れなくなる。
(但し、記事そのものが消えている訳ではないため、メルマガのリンク経由では過去記事は全て読める)


●「津田マガ」×「タグマ!」×「Page2feed API」×「Feedly」×「Reeder」
読み方としては、Reeder内のWebビューで有料ログインする形となるため、ネット接続必須だし、フィードも重複してしまうし、ローカルへの全文取得機能も×とデメリットは多々あるが、記事単位での閲覧と未読管理とTw連携がバッチリとメリットが非常に大きい。
という訳で、「タグマ!」にて津田マガを無理やりRSSリーダーで読む運用の開発に成功した。はっはっはっ。今まで通り、ニュースやブログと一緒にRSSリーダーで閲覧する運用がイケる。

結論としては、「津田マガ」×「タグマ!」(有料会員制ウェブ閲覧型)×「Page2feed API」×Feedly」×「Reeder」の組み合わせは、イケる!
津田マガを上記組み合わせによって、Reederで読む運用に切り替えたところ、何と一気読みだと30分は掛かる量を1日で苦もなく読み尽くし、さぁお次よドンと来い! と言えるくらいの心の余裕ができた。やはり、記事単位だと読みやすいし、やっぱり自分に合った運用は大事だ。

って、津田マガをこんな読み方してきる人は、はたして私以外にいるのだろうか。

津田マガRSS方式



●「タグマ!」はRSSリーダーでの読み方をもっとアピールした方がいいと思う
津田マガをタグマ!+RSS変換+、Reederの組み合わせで読むやり方は、電子雑誌パッケージの形として凄く有りな気がしてきた。記事単位で読めて、記事単位の未読管理もできて、スターも付けられ、Twitterなどの外部連携もバッチリで、マルチデバイス対応。
これは、ウェブ閲覧型の「タグマ!」にしかできない読み方で、津田マガほど文量の多いメルマガなら、ユーザー側にも記事単位で読みたいニーズは強いのではなかろうか。

って、RSSリーダーで読むやり方は、マニアック過ぎるのかな。


●「タグマ!」への要望
タグマ!」 は公式にRSS配信をして欲しい。そうすれば、わざわざを「Page2feed API」で変換する必要がなくなるし、RSSフィードの重複も遅延も取りこぼしもなくて助かるのだか。

(11/26追記)
公式にRSS配信をしてた。でも、タグマ!のどこを探しても見つからないんだよね。もっと分かりやすい位置に設置すればいいのに。
http://www.targma.jp/tsuda/feed/