Facebookでの先行予約組の人たちに触発されて、物欲センサーが我慢できなくなったので、今日、iPhoneとガラケーの2台同時機種変更をしてきた。
また、毎度の如くショップの人に色々聞いてみたので、メモってみる。


1.iPhone5→iPhone6
iPhone6の予約から受け取りまでの期間
9/18にau WEBで予約して、9/20に連絡が来て、9/21にau ショップで受け取れた。
iPhone6であればこんなもので、ほんの数日程度で入手できるようだ。

但し、店員曰く、Plusの方はショップにほとんど流れてきていないため、予約期間はかなり長そう。
Plusの初動がスゴくて在庫が少ないのか、元々iPhone6に比重を置いていたのか。どっちかな。ちなみに、前のモデルの時も、5cはショップに流れてきたが5sは来なかった、と。


●iPhone契約の手間
auショップでの契約は非常にスムーズだった。
朝10時の開店すぐに入ったので、待ち時間も含めて、40分程度で済んだ。
これが夕方になると、軽く一時間待ちとかになる。
なお、今回は余計なプラン強制契約は無かった。総務省に刺されて改めたのか。

その代わりに、機種変更より新規購入の毎月の値引き額を1,000円多くすることにより、機種変更ではなく電話番号が変わる新規購入の営業をやっていた。
これでauユーザーの実数は変わらないが、新規購入者数は増となる塩梅。
岸辺露伴の如く断った。

また、auショップの人たちがiPhone6対応ラッシュ(+話が通じないゴネ客対応)でお疲れのご様子だったので、大変ですねー、って言っておいた。そしたら、汗を拭きながら、いやもうホントに、という顔をしていた。ゴネ客の方をチラチラ見ながら。「ホントに勘弁してくれという思い」は伝わった。


●iPhone6の端末購入代金は結局いくら?
iPhone6の代金は、auのユーザー向けiPhone6購入クーポン(1.6万)と、iPhone5の下取り(3.4万)と、ポイント充当0.2万円)で、計5万円くらいの値引きになって、一括支払いは3.3万円で済んだ。
で、毎月の端末代金の値引き金額が2,400円くらいなので、2年間で実質0円どころか−2万円になった。あれ?


●iPhone6への移行について
iPhone6への復元はバッチリ成功。ログイン情報まで全部復元できた。
以前のように、アイコン位置が変わったり、ログインし直しすることもなく、超楽チンだった。
Twitterの下書きや、LINEの過去のトークまで復元できた。


●iPhone6の第一印象
新しいレザーケースと古いレザーケースの比較。
2014-09-21-14-50-23

やっぱり「長くなった」「薄くなった」印象が強い。
iPhone6は、アプリがキビキビ動く。iPhone5より明らかに速いのが分かるくらい。

保護フイルムは、いつものとおりアンチグレアのもの。安物は避けた。



レザーケースは、これを購入。iPhone6の薄さと相まって、カッチョいい。




2.iida G9→GRATINA(オレンジ)
●今そこにある危機
5年半使い続けてきたガラケー「iida G9」が落ちるようになったので、慌ててiPhone6受け取りついでに機種変更することになった。すぐに落ちるので、危うくアドレス帳がご臨終するところだったが、何とかセーフ。日頃の行いが何とやら。ショップの人と一緒にハラハラドキドキだった。


●GRATINAの第一印象
京セラGRATINAのオレンジ。デザインは中々よろしい。
2014-09-21-21-17-10

通話音量が大きく、とても聞き取りやすい。
前のG9は、音が小さくて雑踏の中だと聞き取り辛かったから、これは嬉しい。
取り合えず使い方が分からないので、マニュアル見ながら、マナーモード設定と、画面表示のカスタマイズと、ロック機能とPINコードの設定を行う。


●今時のガラケーってどうよ?
auが販売している一般向けのガラケーは、京セラの2機種「MARVERA」(高機能)と「GRATINA」(安価)のみ。
auショップの人に聞いてみたら、端末販売におけるガラケーのシェアは、大体15%くらいじゃないの? とのこと。ガラケーからガラケーへの機種変更パターンが多い。残りの85%は勿論スマホ。ちなみに、京セラのガラケー2機種は、同程度の売れ行きで評判はなかなか。
カラーの売れ行きは満遍なく、らしい。私が購入した「GRATINA」のオレンジは、男女半々くらい。