「失敗の本質」は、インパール作戦やミッドウェー作戦など大戦中の最たる失敗事例6つをケーススタディとして、なぜ失敗したのか、について、組織論の観点から解きほぐした名著である。
本書は、日本軍の失敗が、組織構造上の理由が大きかったことを解き明かし、その組織上の問題点を現代の組織にとっての教訓として、活用することを目的としている。




「失敗の本質」が日本軍の失敗事例を分析することで導き出した問題点は、大きく3つ。
「目的意識の欠如」「ファクト(数字)の欠如」「組織的な構造問題」

これら3つの日本軍の問題点は、現在の会社組織でもそのまま当てはまることばかりで、失敗する会社組織の特徴そのものと言える。
本書に書かれているインパール作戦やミッドウェー作戦など大戦中の6つ失敗事例の経緯を読むと、3つ問題点からの惨憺たる有様に頭痛がしてくる思いになるが、よくよく考えてみると、失敗する会社組織の場合と大して違いがなかったりする。

当時の日本軍のような巨大な組織となると、さすがに改善は容易ではないが、そこまで大きくない中小企業や一部署の組織規模であれば、3つの問題点のうち、「目的意識」「ファクト(数字)」を普段から意識し、組織内で徹底するだけでも、組織運営において、大きな改善が見られることだろう。


●目的意識の欠如
・曖昧な戦略目的。組織の階層によって目的がバラバラ。
(国家としての政治目的=グランドデザインの欠如、がそもそもの要因)
・コミュニケーション不足での末端までの目的・価値観共有の不徹底。
・目的意識の無さと合理的な意思決定システムの欠如により、全体戦略の一貫性の無さ
・総合的にバランスの取れた技術体系を確立しようとする思想の無さ


●数字とファクトに基づいた思考・意思決定プロセスの欠如
・グランドデザインの欠如により、長期的な視野の無さによる短期決戦の戦略志向。
・場当たり的で主観的な戦略決定。
・非合理で情緒的な組織の思考のクセ。
・数字とファクトのない同意と許可のプロセス。
・バックアッププランの欠如。
・学習の軽視。


●組織的な構造問題
・狭くて進化のない戦略オプション
・属人的な運用特化型で、仕組みやシステムの整備や開発の軽視
(目的の曖昧さや合理性に欠ける意思決定を現場の運用でカバーしようとする構造に)
・情緒的な階層的な意思決定システム(意思決定基準が属人的で曖昧)により、大幅なスピードの欠如
・学習の軽視=プロセス改善志向の欠如
(PDCAのCがない。場合によっては、Pもなく、Dあるのみ)