蠅の王 -Lord of the Flies-

ウェブと営業と三行日記。

カテゴリ: 三行日記

GW中に福岡に帰省して、福岡城・大濠公園を攻城したメモ。
メモと写真を撮りながら攻城して思ったけど、どうも私はお城それ自体よりも、お城を中心とした町の歴史の方に興味があるらしい。

福岡城は、江戸時代初期の1601〜1606年に黒田長政(福岡藩)が築城した城で、その時に作られた武家の町のある場所(天神・赤坂・西新)が現在の福岡の町そのものであり、古くからある商人の町である博多・呉服町と合わせて、まさに現在の福岡市の中心を形作った歴史と言える。
ちなみに、明治維新後の廃藩置県で福岡県ができた後、1890年に新市名を「福岡市」にするのか「博多市」にするのか、大論争が起きた。
博多は、元々貿易港として栄え商人の町として古代以来の古くからある地名であり、江戸時代からの新しい地名である福岡藩の名前を使うのに、博多側からの反対が非常に大きかったからである。
博多と福岡の町では、博多の方がやや人口が多かったことから議員数の差で博多市有利と思われていたが、投票当日に博多側の議員3名が欠席し同数になった後、元福岡藩士だった議長が「福岡市」に投票して、「福岡市」に決まった。
なお、市名が「福岡市」に決まった代わりに、新たに開通した鉄道の駅名は「博多駅」と決められた。
後に新幹線の駅も「博多駅」となっており、現在も福岡市内に「福岡駅」という駅名は存在しない。


12:00丁度から攻城をスタート。福岡城近くの通りから。
九段下から日本武道館(元々江戸城の一部)に入る道に似ている感じ。配置的にも構造的にも。
image


上之橋御門から福岡城内へ。福岡城という名称は、黒田長政が出身の備前国福岡(今の岡山県瀬戸内市で旧長船町)から名付けたものだが、元々の地名が(那珂郡警固村の)福崎だったというのは知らなかった。
つまり、福岡は元々の地名ではなく、江戸時代初期に他所の地名を元に名付けられた新しい名前という珍しい経緯があったりする(しかも現在の県名と市名にも使われている点で)。
image


三の丸と二の丸の間にある平和台球場跡。今は草っ原で、今後かつての迎賓館だった鴻臚館を復元予定とのこと。
平和台球場は25年前あたり? に野球観戦で一度行ったくらいと、中体連の開会式で中に入って以来かな。
image


福岡は、元々福岡城を中心として、天神・赤坂から西新までの武家の町(写真の紫色の部分)と、中洲を挟んで、商人の町(写真の橙色の部分)である博多・呉服町の双子都市。
福岡と博多を結ぶ橋には、枡形門があり、移動を厳しく制限されたらしい。明治の福岡市誕生の際に門は取り壊され一つの町に。そして、中洲は今では九州有数の歓楽街に。
image


福岡城の構造図。城内に入る橋は3箇所のみ。私が入ってきた上之橋御門は、右上にある橋。
写真の右側(東側)は赤坂・天神で那珂川の中洲を挟んで博多・呉服町へと繋がり、左側(西側)は大濠公園。
上側(北側)はすぐに港があって、海運の町として平和な江戸時代にふさわしい都市設計と城の構想であったことが分かる。
ちなみに、福岡城の堀と大濠公園の水は、江戸時代初期に、東側の中洲のある那珂川から1.5kmほどの堀を作って引っ張ってきている。この工事には、佐賀鍋島藩の協力も得たとのこと。
image


福岡城の二の丸へと入る東御門跡。城内の広さは41平方m、城下の武家屋敷を含めると246万平方m。城下の武家屋敷は天神・赤坂・西新全部込みなので、そりゃ広い。規模的にここまで広大な城は日本でも中々ない。
ちなみに、福岡城はあの熊本城より広く、大阪以西で最大の城郭となる。
image


福岡城二の丸の場所は、今はラグビー場と野球場になっている。二の丸なので、ラグビー場と野球場の周囲は城壁がある。右手に見える櫓は、祈念櫓。
image


扇坂御門・表御門を通っての福岡城本丸跡。梅園と桜園の名所としても有名。5月頭の今は、お弁当広げるのに丁度良い季節。何人か実際にお弁当を食べている人たちがいた。
image


福岡城本丸内にある祈念櫓。東北側の鬼門を封じるための櫓とのこと。東北側が鬼門とされたのはなんでかな。福岡城には大小47の櫓があったそうだが、そのほとんどは解体・焼失している。
image


福岡城の天守台へと続く鉄御門跡。防衛しやすいよう狭く上から攻撃しやすい構造になっている。
定説では福岡城に天守閣は無いとされていたが、近年見つかった文献では、最初は天守閣を建設したが、幕府に慮って数十年で取り壊された、という説が出てきている。
image


福岡城天守台。福岡城城跡で一番高い位置にある。向こうに見えるのは、福岡城の西側に位置する大堀、即ち大濠公園。
残念ながら天守台に建物は残っていないが、福岡の町を一望できる。
image


福岡城天守台が東側(赤坂・天神方面)を眺めた風景。下に見える木は福岡城の二の丸と三の丸のあるところで、緑が見える範囲は全部福岡城内。
image


福岡城の国指定重要文化財である多聞櫓。二の丸南郭の防衛設備。二層の隅櫓と約55mの幅の平槽の構造物で、平槽の中は吹き抜けになっておらず、16の小部屋があるのが特徴。
image


福岡城内にある福岡市美術館に設置されたよく分からんオブジェ。「三日月と鐘の上を跳ぶ野うさぎ」(バリー・フラナガン 1941年作)
image


福岡城の西側、大濠公園の隣にある日本庭園。入園料240円。
そんなに広くないので、立ち止まらなければ15分で見て回れる。水のせせらぎの音が良い雰囲気。
image


福岡城の西側にある大濠公園。20年ぶりくらい。
大堀の真ん中を南北に道が繋がっている独特な形。公園の広さは40万平方mと、福岡城内の面積とほぼ同じ。池の部分だけで21万平方mと、国内の水景公園としては有数の規模を持つ。外周が約2kmと丁度良いので、福岡で最も有名なジョギングコースでもある。
他にも、周囲の沿って遊歩道や野鳥の森、児童公園、能楽堂や美術館、日本庭園などがある。
image

image


大濠公園の21万平方mの大堀のど真ん中を突っ切る道。結構広くて普通の公園くらいはある。釣りに興じる人やお弁当を食べて昼寝するカップル、父親が子どもにトランペットとサックスを教えていたり、フルートを吹くおじさんがいたりした。
image


そう言えば、福岡城の堀と大濠公園に、亀がたくさんいた。結構大きかった。
子どもが亀相手にキャッキャウフフしていた。
image




福岡城・大濠公園の攻城は、途中で休憩を挟みながらダラダラ歩いていたのだが、
福岡城だけで2時間、日本庭園と大濠公園で1時間、の計3時間の散策だった。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年に買って良かったもの5選をまとめてみた。
リニューアルでApple様などに納税したiPhone6・GRATINA・iPad mini・MacBook Airは除いて。


1.マキタ コードレス掃除機「CL102DW」

2.西川産業 吸湿マット 「ニュードライウェル」

3.Transcend 外付けHDD 1TB 「StoreJet 25M3」

4.SONY Bluetoothスピーカー「SRS-BTX300」

5.cellularline フリップ式レザーケース「FLAP for iPhone6」



1.マキタ コードレス掃除機「CL102DW」


掃除機のケーブルの取り回しが面倒になって、コードレス掃除機の「マキタ 充電式クリーナー CL102DW」をポチッてみた。
充電時間が50分と短く、1kg程度と軽くて取り回しも楽、吸引力もフローリングや布団の上のゴミなど問題なく吸え、以前より小まめに掃除するよつになって、と良い買い物であった。



2.西川産業 吸湿マット 「ニュードライウェル」


フローリングに布団を敷くとすぐに、湿気て困っていたので、奮発して高めの吸湿マットを購入したところ、瞬く間に湿気の悩みから解放された。
前はシリカゲルを使っていたが、すぐにダメになっていたので、値段なりの吸湿力で満足である。
曇りでもちょっと干すだけで、すぐに乾くのも良い。


3.Transcend 外付けHDD 1TB 「StoreJet 25M3」


外付けHDDが8年物になって、ガリガリガリガリ五月蝿くなったので、新しく購入することにした。
1TB・2.5inchで、価格・大きさ・重さ・耐衝撃・デザインを検討した結果、Transcend StoreJet 25M3に決定。

Transcendの新しい外付けHDDと、8年物の古い外付けHDDの比較。
体積も重さも10倍くらい差があった。デザインもカッコ良くて、物欲的にも満足である。
さらに厚さ3倍くらい違う。iPhoneよりちょい大きめのスマホ程度の大きさ・重さだから、持ち運びも便利。 まあ持ち出すことはないけど、小物入れに入る大きさなのが良い。


4.SONY Bluetoothスピーカー「SRS-BTX300」


スピーカーを新しく買おうと色々検討した結果、SONYのBluetoothスピーカー「SRS-BTX300」を一番安かったヨドバシ.com(14,800円+1,480ポイント還元)で1/12 1:00頃に注文。
なんと同日16:00に届いたでござる。早ッ!
http://kunkoku.exblog.jp/17373391/

Bluetoothスピーカーはステキだった。
電源入れてBluetoothで繋げたら、すぐにiPhoneの音楽を鳴らせた。全部iPhone側で操作できるから、すこぶる快適でござる。


5.cellularline フリップ式レザーケース「FLAP for iPhone6」


iPhone6の薄さと程よい大きさもステキだが、iPhone6本体と、上手く貼るのに成功(気泡無し・若干斜め程度)したPGAの保護フィルムと、フリップ式のスタイリッシュなレザーケースが絶妙にマッチしていて、ニマニマしている。レザーケースいいよ、レザーケース。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookでの先行予約組の人たちに触発されて、物欲センサーが我慢できなくなったので、今日、iPhoneとガラケーの2台同時機種変更をしてきた。
また、毎度の如くショップの人に色々聞いてみたので、メモってみる。


1.iPhone5→iPhone6
iPhone6の予約から受け取りまでの期間
9/18にau WEBで予約して、9/20に連絡が来て、9/21にau ショップで受け取れた。
iPhone6であればこんなもので、ほんの数日程度で入手できるようだ。

但し、店員曰く、Plusの方はショップにほとんど流れてきていないため、予約期間はかなり長そう。
Plusの初動がスゴくて在庫が少ないのか、元々iPhone6に比重を置いていたのか。どっちかな。ちなみに、前のモデルの時も、5cはショップに流れてきたが5sは来なかった、と。


●iPhone契約の手間
auショップでの契約は非常にスムーズだった。
朝10時の開店すぐに入ったので、待ち時間も含めて、40分程度で済んだ。
これが夕方になると、軽く一時間待ちとかになる。
なお、今回は余計なプラン強制契約は無かった。総務省に刺されて改めたのか。

その代わりに、機種変更より新規購入の毎月の値引き額を1,000円多くすることにより、機種変更ではなく電話番号が変わる新規購入の営業をやっていた。
これでauユーザーの実数は変わらないが、新規購入者数は増となる塩梅。
岸辺露伴の如く断った。

また、auショップの人たちがiPhone6対応ラッシュ(+話が通じないゴネ客対応)でお疲れのご様子だったので、大変ですねー、って言っておいた。そしたら、汗を拭きながら、いやもうホントに、という顔をしていた。ゴネ客の方をチラチラ見ながら。「ホントに勘弁してくれという思い」は伝わった。


●iPhone6の端末購入代金は結局いくら?
iPhone6の代金は、auのユーザー向けiPhone6購入クーポン(1.6万)と、iPhone5の下取り(3.4万)と、ポイント充当0.2万円)で、計5万円くらいの値引きになって、一括支払いは3.3万円で済んだ。
で、毎月の端末代金の値引き金額が2,400円くらいなので、2年間で実質0円どころか−2万円になった。あれ?


●iPhone6への移行について
iPhone6への復元はバッチリ成功。ログイン情報まで全部復元できた。
以前のように、アイコン位置が変わったり、ログインし直しすることもなく、超楽チンだった。
Twitterの下書きや、LINEの過去のトークまで復元できた。


●iPhone6の第一印象
新しいレザーケースと古いレザーケースの比較。
2014-09-21-14-50-23

やっぱり「長くなった」「薄くなった」印象が強い。
iPhone6は、アプリがキビキビ動く。iPhone5より明らかに速いのが分かるくらい。

保護フイルムは、いつものとおりアンチグレアのもの。安物は避けた。



レザーケースは、これを購入。iPhone6の薄さと相まって、カッチョいい。




2.iida G9→GRATINA(オレンジ)
●今そこにある危機
5年半使い続けてきたガラケー「iida G9」が落ちるようになったので、慌ててiPhone6受け取りついでに機種変更することになった。すぐに落ちるので、危うくアドレス帳がご臨終するところだったが、何とかセーフ。日頃の行いが何とやら。ショップの人と一緒にハラハラドキドキだった。


●GRATINAの第一印象
京セラGRATINAのオレンジ。デザインは中々よろしい。
2014-09-21-21-17-10

通話音量が大きく、とても聞き取りやすい。
前のG9は、音が小さくて雑踏の中だと聞き取り辛かったから、これは嬉しい。
取り合えず使い方が分からないので、マニュアル見ながら、マナーモード設定と、画面表示のカスタマイズと、ロック機能とPINコードの設定を行う。


●今時のガラケーってどうよ?
auが販売している一般向けのガラケーは、京セラの2機種「MARVERA」(高機能)と「GRATINA」(安価)のみ。
auショップの人に聞いてみたら、端末販売におけるガラケーのシェアは、大体15%くらいじゃないの? とのこと。ガラケーからガラケーへの機種変更パターンが多い。残りの85%は勿論スマホ。ちなみに、京セラのガラケー2機種は、同程度の売れ行きで評判はなかなか。
カラーの売れ行きは満遍なく、らしい。私が購入した「GRATINA」のオレンジは、男女半々くらい。






    このエントリーをはてなブックマークに追加

バスツアーで東京・福島県いわき市豊間間の往復、豊間区長による被災地の案内、
ボランティア(ゴミ拾い)参加、渋谷慶一郎×七尾旅人ライブイベント。
と盛り沢山で1万円。参加費全額の1万円×84人+16万円持ち出しの100万円が、
義援金として津田さんから豊間区長へ手渡された。
被災地へ行くのは初めてだったが、行って五感で現場を感じることができ本当に良かった。

豊間区長によると、いわき市豊間では、630世帯中85%が今も避難しており、80名の方が
津波で亡くなっている。現地を見て回ったが、1階にあたる部分が壊滅状態と
なっており、海面が少なくとも5mは上昇して豊間地区へ襲いかかってきたようだ。

IMG_1102


豊間地区を襲った津波は、諏訪川を遡って2km上流にまで達したと言う。
諏訪川の入口付近の強固な堤防も一部が破壊され道路ごと陥没し、
橋の鉄製の柵は根元が折れ曲がり、ほとんどが流されてしまっていた。
残っていた住宅も、1階部分が骨組みを残すのみだった。

IMG_1152


津波の爪痕を自分で目で見て最初に思ったことは、
「これからどうすればいいんだろう」と途方に暮れたことだった。
瓦礫はある程度片付いてきているとはいえ、解体処理待ちの全壊状態の家はまだ多数あり、
移動の足となる車は流され、未だ電話も通じていない。

IMG_1154


他地区の学校に行っている子ども達もいるそうだが、豊間での生活を断念し他の土地へ
引っ越し家族も多くなってきたと言う。いわき市豊間地区は、室町時代から続く
1,200年の歴史があり、綺麗な浜辺の鳴き砂やサーフィンで有名な海を持つステキな場所だ。

なお、いわき市豊間は、福島第一原発から南へ50kmの地点だが、放射能のことは
あんまり意識されていないように感じた(実際に放射線量はそれほどでもない)。

IMG_1117


これからどうすればいいのだろうか。同じ場所で再建するにしても、全壊状態の家の
ほとんどは3ヶ月経った今でも解体処理すら終わっておらず、いつになるか分からない。
高台に移すにしても、630世帯が引っ越せるほど広いとは思えない。 

IMG_1146


豊間の街が好きな人たち。セブンイレブン豊間店長の金成さんは、
骨組みだけとなった店舗の中で、街の人たちのために毎日食料や弁当を販売している。
また、モンゴルのテント「ゲル」を4つ自腹で購入し、
今後はゲルをどんどん増やしこの地を文化の発信地にしたいと言う。

IMG_1162

IMG_1182


避難所生活がいつ終えられるのか分からない。街がどうなるのか分からない。
いつ日常を取り戻せるのか分からない。他の土地へ引っ越せば、
自分の生活の再建も早いかもしれないが、それでは故郷は失われてしまう。

IMG_1140


津波の爪痕の中で感じたのは、重苦しい圧倒的な現実。

IMG_1197



ただ、豊間区長やセブンイレブンの豊間店金成店長と話しみて感じたのは、
「力強さ」と「希望」。もちろん、重苦しい圧倒的な現実は依然としてあるものの
今回のようなイベントを実現などを積み重ねることにより、新しい生活と日常を
豊間とともに作り上げていこうというパワーがあった。
また、こういったイベントがあれば、参加したいと思う。

IMG_1160
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットを悪(または馬鹿)の巣窟呼ばわりする人たちは、本当に滑稽だ。一ツは、その
主張が「人間(日本人)は馬鹿である」ということとほぼ同義であることを未だ理解して
いないこと。もう一ツは、その馬鹿の中に「自分は入っていない」と思っていること。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

電車内にて。ラテン風味で異様にハードボイルドな眼差しの中年男性と視線が合った。
セガールをも本気にさせそうな鋭い視線だ。だが、その眼力に負けて視線を下げた私の
目に映ったものは、堀の深い顔つきとは裏腹の見事な太鼓腹であったのである。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

電車内にて。新人と思われるマルコメ君が、上司先輩と思われる3人組から坊主頭を
ひたすら撫でられている。「これはステキな手触りだ」と、上司先輩3人が、
やたらと興奮気味に撫でながら呟きあっている光景は、ちょっと不気味だ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ