蠅の王 -Lord of the Flies-

ウェブと営業と三行日記。

タグ:メモ

12/16に最高裁で選択的夫婦別姓絡みの判決文が出たこともあり、
選択的夫婦別姓(厳密には夫婦別氏)の議論を理解しようと、色々調べながら、12/17〜20の4日間に渡って連続ツイートしていたら、40ツイート×140文字で合計約5,600文字にもなっていたので、ここは一つ、ブログにまとめて選択的夫婦別姓の議論を整理してみることにした。

選択的夫婦別姓の議論は、下記の通り、4つの論点にまとめることができる。要は、前提の確認・現状把握・過去の歴史・導入検討、の4つ。
長いので、下記の通り4つに分けて、4部構成でブログを書いてみることにする(って論文かよ)。

1.大前提である「個人の尊重」の根拠、日本国憲法の根底

2.統計・調査での社会情勢の変化と国民ニーズの実態把握

3.家族制度を定める日本の民法の源流、1898年の明治民法の目的と制定経緯

4.実際に導入する場合の民法・戸籍法の影響範囲


まずは1つ目。憲法は素人だが、がんばってみた。

1.大前提である「個人の尊重」の根拠、日本国憲法の根底

⚫️単なる個人の考え方の違いではない選択的夫婦別姓の議論
大前提として、選択的夫婦別姓の議論を、所詮は個人の考え方の違いに過ぎず、優先順位の低い大したことない話と軽視する人もいるが、実はそうではない。
日本のあり方そのものの話に繋がる非常に重要で深刻な議論なのである。

では、選択的夫婦別姓の議論の大元となることは何か。
よく出てくる話は、家族制度についてのあるべき姿、だったり、家制度的なものに対する考え方、だったりする。
だが、議論の大元はどちらでもない。それは、
「個人の尊重を基本的に優先する」考え方か、
「他人(個人)よりも自身の正しさ=国家のあるべき姿として優先させる」考え方か、
の違いである。これは単なる個人の考え方の違い、単なる対立軸ではない。

即ち、
日本国憲法の掲げる「個人の尊重」の考え方か、
日本国憲法の根底を否定する「他人(個人)よりも自身の正しさ=国家のあるべき姿として優先させる」考え方か、
という深刻な対立なのである。

つまり、日本国憲法の根底にある「個人の尊重」の考え方を肯定するのか否定するのか。というのが、選択的夫婦別姓の議論における根幹であり、非常に重要で深刻な議論である理由である。


⚫️選択的夫婦別姓の議論の大前提の結論
よって、日本国憲法を肯定し、日本国憲法が定める国のあるべき姿を前提とするならば、選択的夫婦別姓の議論の大前提となる「個人の尊重を基本的に優先する」考え方は自明なのである。
ここに議論の余地は無い。
もちろん、「個人の尊重」の方向性=選択的夫婦別姓の絶対導入、ではなく、社会情勢の変化や国民ニーズの実態を踏まえた上で、さらには民法・戸籍法への影響範囲を検証した上で、導入するかどうかを前向きに検討すべし、との当たり前の話ではあるが。


以下は補足。

⚫️日本国憲法の根底である「個人の尊重」という考え方
では、「個人の尊重」の考え方とは、一体何を根拠とするのか。
日本国憲法の根底にあるのは、「個人の尊厳(尊重)」の原理であり、全ての個人が尊重されるための政治体制が、憲法の定める国のあるべき姿であり、憲法の三大原理(国民主権、基本的人権の尊重、平和主義)によって構成されるものと言える。
この「個人の尊重」という考え方は、日本の法律における基本原理であり、民法など数十もの法律においても目的規定として言及する条文がある。

image


日本国憲法では、第13条、第14条1項、第24条で「個人の尊重」について明確に規定されている。

日本国憲法第13条(個人の尊重)
「すべての国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」

※ 大日本帝国憲法には、本条に相当する人権(臣民の権利)に関する包括的な規定は無い。

日本国憲法第14条1項(平等権)
「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」


日本国憲法第24条(家庭での個人の尊厳と男女平等)
1項
「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。」

2項
「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。」

※ 大日本帝国憲法には、本条に相当する家庭での個人の尊厳と男女平等についての規定は無い。


補足であるが、選択的夫婦別姓の議論でよく出てくる家制度や非平等的な伝統的家族制度の考え方は、
憲法第24条において、明治民法における家制度や家父長制は明確に否定されており、家族関係形成の自由・男女平等の理念が、日本国憲法における家族モデルの基本であると規定されている。


⚫️日本国憲法における個人の制約原理「公共の福祉」の考え方
「個人の尊重」に関連して、キーとなるが、個人の制約原理である「公共の福祉」である。
「公共の福祉」は、現行憲法で、公共の福祉に反する場合、国民の基本的人権(言論・結社・身体の自由等)を制限できるので、極めて重要である。

憲法における「公共の福祉」の解釈は、色々な学説があるのだが、よく勘違いされるように、「個人の尊重」よりも優先されるべき概念ではなく、「個人の尊重」との対立概念でもなく、全体の利益が個人の権利・利益より優先されることを意味する訳ではない

「公共の福祉」とは、
「各個人の基本的人権の共存を維持するという観点での公平」であり、「国民の健康・安全に対する弊害を除去を目的とする制約」を意味し、
または「他人の権利を害さないことと、基本的憲法秩序を害さないことを目的とする制約」であり、
「公共の福祉」の考え方の根底には、あくまでも「個人の尊重」があるのである


⚫️日本国憲法の根底である「個人の尊重」の否定が意味すること
個人の尊重よりも、「他人(個人)よりも自身の正しさ=国家のあるべき姿として優先させる」考え方は、上述したとおり、日本国憲法の基本原理である「個人の尊重」の否定と言える。

「他人(個人)よりも自身の考える正しさを優先」という考え方は、「ある考えが絶対的に正しいとして他人に強要する」考え方であり、他人に対しても自身の正しさを強要するためには国家権力を使うことが当たり前とする考え方と言える。
つまり、この考え方は、自身の正しさ=国家のあるべき姿、として同一視しているのである。
自身の考える正しさのためには、個人の尊重や平等権を国家権力によって制約してもよいとする考えなのである。

ここでいう自身の正しさとは、それが明確な概念であるのか、あやふやなものか、単なる不安感なのか、などは関係がない。

この考え方の表れの典型が、夫婦別姓反対や事実婚・婚外子差別などであり、他にも家族観・結婚観・歴史観・国家観・憲法観など、あらゆる分野に適用される。

自民党の中でも強硬な夫婦別姓反対派は、日本国憲法の掲げる個人の尊重の考え方ではなく、「他人(個人)よりも自身の正しさ=国家のあるべき姿として優先させる」考え方であると思われる。
そりゃあ(9条以外の)憲法を根本的に改正したがる訳である。なぜなら、個人の尊重という日本国憲法の根底、ひいては現代日本のあるべき姿を否定したいのだから。当然の話であろう。


⚫️日本国憲法の定める「個人の尊重」ははたして日本に浸透しているのか
「個人の尊重」を基本原理とする日本国憲法が1947年に制定されて、今年で68年目であるが、未だ日本には「個人の尊重」という自明の考え方が浸透していないのではないか、という印象がある。

夫婦別姓の議論を眺めていると、夫婦は同性であるべき(これ自体には問題はない)という自身の考えを他人にも強要することに何の疑問を抱いていない人が、結構多いように思える。
これはつまり、「個人の尊重」の考え方が浸透していない表れではないか。この傾向は夫婦別姓の話に限らないと思われる。
要は、日本国憲法が定める国のあるべき姿を国民が未だにあまり理解していないのでは、という疑念だ。


(余談)選択的夫婦別姓の議論で最初に確認すべきこと
選択的夫婦別姓の反対派の前提が、個人の尊重・男女平等の原則ではなく、「他人(個人)よりも自身の考える正しさを優先」する=個人より国家を優先する考え方(国家が国民を統制する的な考え方)とするならば、
日本国憲法を基本とし、個人の尊重・男女平等の原則をあるべき姿とする人たちとは、絶対に話は噛み合わない。
前提が違い過ぎるから議論するだけ無駄だと思う。議論の際は、まずこの確認が必須だろう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいMacBook Airを購入したので、移行メモ+「私が」入れるオススメアプリをまとめてみた。各種設定は、WindowsからMacBook Airに移行した際の記事に記載してある。


●MacBook Airの利用目的
ブラウジング+写真管理+音楽・動画変換。
iPhone・iPad miniの母艦+メインPCとしての役割。
仕様:13.3inch、メモリ 8GB、容量 512GB SSD、重さ お好み焼き3枚分。


●MacBook Airの移行理由
容量とメモリがカツカツになっていたため。
(旧MacBook Airは、メモリ4GB・容量256GB SSD)

なお、丁度4年間使用した旧MacBook Airは、LINE MALLで中古品として売却。
4年間大事に使っていたおかげもあり、購入者の方にも中古に見えないくらい綺麗と喜んで貰えた。


●Mac同士の移行方法メモ
1.新Macを取りあえず立ち上げて、Macアドレスを確認

2.旧Macで、無線LAN危機のMacアドレスフィルタリングに登録

3.新Macを無線LAN危機に接続設定

4.新Macを最新のOSにアップデート

5.新旧Macの両方で「移行アシスタント」を立ち上げて、移行開始
(「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダの中にある)

6.約230GBで18時間かかった(光回線の無線LAN経由)

7.で、新Macを立ち上げてみると、あらビックリ。
 設定やソフトを含めて完璧に移行されておるがな。

8.Macスゴイ


●オススメアプリ20個
(ツール系)
1.Opera(ブラウザ)
→デフォルトで必要機能が揃っており、完成度が高い。
 Chrome拡張機能にも対応しており、Chromeほどメモリを喰わない。


2.Alfled(キーボードランチャー)
→キーボード派には必須。超便利。


3.BetterTouchTool(トラックパッド拡張)
→主にアプリケーションスイッチ機能用。
BetterTouchTool公式サイト


4.ClipMenu(クリップボード拡張)
→クリップボード拡張+メルアド入力。


5.TotalFinder(Finder拡張)
→タブ機能など各種機能付加。
TotalFinder公式サイト


6.StuffitExpander(ファイル解凍)


7.Memory Clean(メモリ解放)
→ステータスバーに空きメモリが表示されるのが便利。


8.Sophos Antivirus for Mac(アンチウイルス)
→無料、検出率が商用並み、割と軽い、定期スキャン機能対応。
Sophos公式サイト


(オフィス系)
9.Dropbox(オンラインストレージ)
Dropbox公式サイト(500MBボーナス!)


10.Evernote(メモ)
→オンラインメモ+タスク管理用に使用。
 (iOSアプリの「Awesome Note」での使用がメイン)


11.LibreOffice(オフィスソフト)
→MS Officeのファイル閲覧・作成用。日本語対応。割と軽い。
LibreOffice公式サイト


12.Airmail2.0(メーラー)



(ソーシャル・ニュース系)
13.Picasa(写真管理・共有)
→ローカルからウェブアルバムに一括アップができる。
Picasa公式サイト

(関連リンク)
Picasa Web Album(マイアルバム/主に旅行写真)


14.Reeder2 for Mac(RSSリーダー)
→ウェブ版Feedlyの同期用。完成度が高く速い。


15.Pocket(後で読む)


16.夜フクロウ(Twitterクライアント)
→シンプル。


17.NNDD(ニコニコ動画閲覧ソフト)
NNDD公式サイト


(その他)
18.AppCleaner(アプリ削除支援)
AppCleaner公式サイト


19.SiteSucker(サイト一括ダウンロード)
→ブログバックアップ用。


20.Disk App(不要ファイル削除)
→ボタン押すだけと超シンプル。



(関連記事)
iPhone6を購入したら「私が」入れるオススメアプリ25選[前編](検索系・ツール系・ニュース系)
iPhone6を購入したら「私が」入れるオススメアプリ25選[後編](ソーシャル系・解析系・EC系)

iPhone6を購入したので、普段からフルに活用しているアプリをまとめてみた。
どのアプリもオススメ。


●検索系  
1.天気予報(LINE天気)  
当日翌日の3時間ごとの天気予報と、週間天気予報の両方を表示できる。
機能的には、「そら案内」とほぼ同等。LINEキャラクターのデザインが良い。


2.路線検索(Yahoo!乗換案内)    
基本機能が揃っていて、UIも使いやすい。王道。


3.地図(MapFan+)  
地図の情報量が多く、精度も高い。動作もシンプルなため使いやすい。
経路案内機能もある。



⚫︎ツール系
4.メール(Boxer)【有料】
GmailとOutlook.comを併用かつまとめて管理できる数少ないメールアプリの一つ。
ウェブメールの対応サービスが幅広い。スワイプでメールを処理するお洒落デザイン。
メールを活用したTo do機能も有り。無料のお試し版もある。


5.カレンダー(Staccal)【有料】  
レイアウトの種類が豊富で、自分好みの使い方ができる。
カスタマイズ機能が非常に強く、何よりデザインが良い。
iCloud(標準カレンダー)経由で、Googleカレンダーとの同期が可能。
もちろん、複数端末間での同期にも対応している。

(関連記事)
カレンダーアプリを検討して「Staccal」の運用方法を考えてみた


6.メモ+タスク管理(Awesome Note)【有料】
EvernoteかGoogleドキュメントと連携可能なメモアプリ。
非常に高機能で、カレンダー・リマインダー・タスク管理を1つでカバーしている。
デザインがカラフルでリッチ感があり、使っていて楽しい。 


7.パスワード管理(1Password)【有料】  
パスワード管理アプリの定番。iCloudかDropbox経由で、複数端末間での同期もできる。
内蔵ブラウザでウェブサービスにアクセスすれば、自動でID・パスワードを入力してくれる。
通常は1,000円超えと高いが、時々セールをやっている。  


8.家計簿(Zaim)
ウェブサービス連携型家計簿アプリの定番。ウェブ経由で複数端末間での同期も可能。
家計簿アプリの肝である入力UIも上手く簡略されており、入力が楽。
口座情報を自動連携する機能もあるが、手入力との整合性を保つのが難しいため、実運用に耐えない。
 
(関連記事)
Zaim+Moneytreeでの家計簿・資産管理の運用方法をまとめてみた


9.資産管理(Moneytree)  
銀行口座やクレジットカードの明細を自動取得してくれる集約型資産管理アプリの定番。
よくMoneyForwardと比較されるが、こちらの方がシンプルで視認性が高く、確認しやすい。 

(関連記事)
Zaim+Moneytreeでの家計簿・資産管理の運用方法をまとめてみた


10.ダイエットサポート(あすけん)  
食事のメニューと体重・体脂肪を入力することで、ダイエットをサポートしてくれるアプリ。
食事のメニュー入力は選択式で簡単。朝昼夕の分のメニューを入力すると、
1日の終わりに消費カロリーと栄養状態を踏まえたアドバイスを自動でしてくれる。
カロリー・体重・体脂肪・毎日の点数を折れ線グラフで時系列の確認もできる。


●ニュース系  
11.RSSリーダー(Reeder 2)【有料】
Feedly対応のRSSリーダーアプリの定番。デザインがシンプルかつ視認性が高い。
複数ページ一括表示機能があり、ニュースサイトの閲覧も楽。
アプリ上でのRSSフィードの追加もでき、もちろん複数端末間の連携も可能。
 
(関連記事)
RSSリーダーで情報を頭に叩き込む運用方法(Feedly+Reeder)をまとめてみた
津田マガを記事単位で簡単に未読管理しながら読める運用を開発してみた


12.ニュース(SmartNews)
ニュース集約型アプリの定番。デザインが素晴らしい。
ネット接続しなくても読める機能があり、サクサク読める。
独自機能として、ニュースサイト単体を読みやすくしてくれるチャンネル機能がある。 
 

13.後で読む(Pocket)
後で読むアプリの定番。複数ページ一括表示機能もあるため、非常に読みやすい。
登録した記事の検索機能やタグ機能もあり、大量の記事を登録しても管理しやすい。
 

⇒後編へ続く
iPhone6を購入したら「私が」入れるオススメアプリ25選[後編](ソーシャル系・解析系・EC系)

2010年11月に、WindowsからMacBook Airに移行してから1年ちょい経ったので、
移行前と後に思ったことや、導入時の作業内容をメモってみる。


<PCの利用目的>
ブラウジング+写真管理+音楽・動画変換。メインPCとしての役割。
仕様:13inch、CPU 2.13GHz、メモリ 4GB、容量 256GB SSD、重さ お好み焼き3枚分。

<移行前の懸念事項>
上記目的を達成できないこと/WindowsとMacの違いに慣れることができないこと
→普段使っているソフトがMacにもあるのなら、移行は問題ないとの結論。
 私の場合は、Mac版Opera(ブラウザ)・Picasa(写真管理)があったので、移行を決断した。
 WindowsとMacの違いについては、下記各種設定のとおり、若干試行錯誤した部分もあったが、
 総じて問題はなかった。

スペックが足りずに重くなること
→CPU・メモリを最大限に積めば、「ブラウジング+写真管理+音楽・動画変換」用途ならば
 問題なくメインPCとして使える。

<使ってみての感想>
第一印象
→メインPCとして快適かつ超速。閲覧メインの使い方なら、Winの時と同じブラウザを
 使えば違和感は少ない。システム環境設定はWinより分かりやすい。
 Finderとインストール方法は慣れが必要。ショートカットを覚えるのが大変。

利用スタイルの大きな変化
→無線にしたことと、お好み焼き3枚分と前のWin PC(3.9kg!)と比較し1/3の軽さになったことで、
 机上ではなく寝転んだり膝に乗せたり楽な姿勢で使うようになった。
 なので、必然的にマウス派からキーボード派に変わった。

Mac検討中のWindowユーザーに一言
買っとけ。



<セットアップ>
表示言語が英語だったので、まず日本語表示にするのに四苦八苦。システム設定の言語のところを
色々「日本語」にしてみたら、やっとできた。でも、DockやFinderは英語のまま。どうすんだこれ。
と思ってたら、いつの間にか日本語になってた。

無線LAN設定が上手くできなくてハマる。
原因は、パスワード入力の際に、暗号化キーではなく無線LAN機器のパスワードを
間違って入力していたため。この間違いは、新しく無線LANを行う度にやっているような。

<各種設定>
Dock:自動的に隠す、キーボードランチャーを入れてからはあんまり使ってない
Expose:便利
Spaces:使わない
トラックパッド:タップでクリック・副ボタン(右クリック代替)をオン
バッテリー:%表示
日付と時計:日付と曜日を表示
Finder:サイドバーに良く使うフォルダを登録、表示メニューでパスバーを表示、
    検索範囲をフォルダ内のみに
デスクトップ設定:半透明メニューバーをオフ
キーボード設定
  F1などの全てのキーをファンクションキーとして使用をオン。
  主なショートカットキーは、Winと同じ(CtrlキーがCommandキーになっただけ)。
  各アプリーション固有のショートカットを覚えるのが大変。
文字入力設定
  -「ことえり」環境設定→入力文字で「数字を全角で入力」をオフ
  - Windows風のキー操作をオン(小文字入力がWin風に)
  -「ことえり」は、評価は低いようだがMS IMEよりはマシだと思うので、まずは使ってみることに
  - さらに、フリーの辞書を入れて、ことえりをパワーアップ!
    →山椒辞書(後に有料の山葵辞書を購入)・新郵便番号辞書・NADのカタカナ英語辞書・
     ライフサイエンス辞書・ことえり補強辞書α3・四字熟語辞書・ことわざ辞書K
    (指名変換のみ)NADの慣用句辞書/類語辞書

<戸惑ったこと>
・各アプリのメニューがアプリ内ではなく、一番上のメニューバーに表示される。
・Operaで左上の×ボタンを押すと「前回終了時の復元」機能が効かない
 →メニューでOperaを終了 or Command+Qとする必要がある。
・キーボードや文字変換やショートカットのルールがWinと微妙に違うこと
・ショートカットが効いていないような時がある(特にアプリの呼び出しとFinder絡み)
・フォルダを上書きすると中身が丸ごと置き換わる仕様(Windowsは差分は残る)。

<セキュリティ設定>
Finder:環境設定で全てのファイル名拡張子を表示
Safari:環境設定で「DL後安全なファイルを開く」をオフ
ファイアウォール:環境設定でオン
アンチウイルス:定番の無料ソフト「Sophos Antivirus for Mac」を導入し特定フォルダを監視
ログイン関連:スリープ後すぐにパスワード要求をオン。自動ログインを使用不可
その他:位置情報サービスを無効

<データ移行>
WinのExplorerとMacのFinderの違いに若干苦戦するも、外付けHDD(FAT32形式で良かった!)から
各種ファイル・写真・音楽など約40GBをコピーするだけだったので、問題なく終了。
但し音楽データだけは大苦戦。

音楽管理設定
→音楽データは、Win側で保存フォルダが分散してしまっていたので、分散していた音楽データを
 データ移行時にMac側のiTunesフォルダに一つ一つ確認しながらの統合作業。
 1,800曲中700曲がパス切れ。「Super Remote Dead Tracks」でパスの切れた曲を一括削除。
 後はひたすら手動で泣きながら再整理。今後はiTunes Musicフォルダにちゃんと統合しておこう。

写真管理設定
→データコピーし、Winと同じくPicasaを導入して、自動で読み込みさせれば、すぐに設定完了。
 簡単。ステキ。iPhotoは使っていないので、iPhoneとの同期設定はオフ。

ブラウザ設定
→Operaの設定ファイルは、Dropboxで同期してあるのでopera:configでパスを変更すれば
 簡単に設定完了……と思いきや、パスの表示方法が分からずにハマる。
 仕方なく該当フォルダをOpera上にドラッグして表示。

メール・カレンダー設定
→GmailとGoogle Calendarを使っているので、移行の必要はなし。楽チン楽チン。

バックアップ設定
→既存の外付けHDDをフォーマットし直して、標準のバックアップツール「Time Machine」を
 設定するだけ。この簡単さは、Windowsより圧倒的に優れているな。
 まぁ、復旧も簡単かは試してみないと分からないが。

<必要ソフトの導入>
●定番ソフト
Opera(ブラウザ)
 →Operaエクステンション(拡張機能)
  −AutoPatchWork(次ページ自動表示/ニュースサイトや検索結果閲覧の際に鼻血モノの便利さ)
  −ExtendTube(YouTube拡張/早送り機能は便利)
  −Image Previewer(リンク先画像のポップアップ表示/遷移せずに画像の確認が可能)
  −PageTranslator(ボタン1つで翻訳/選択範囲 or ページ全体の両方に対応)
  −WOT(サイトの安全度チェック)
  −Facebook blocker(外部サイトでのFacebookトラッキングを無効化)
  −Google Analytics オプトアウト アドイン(Google Analyticsのデータ収集を無効化)
Picasa(写真管理・共有)
Dropbox(オンラインストレージ)
Evernote(メモ)
Flash(重いけど、無いと閲覧が辛いので)
StuffitExpander(解凍ソフト)
Reeder for Mac(RSSリーダー/Feedly同期用)
夜フクロウ(Twitterクライアント)

●その他入れたソフト
StrartupSoundPrePane(OS起動音を消す)
AppCleaner(アプリ削除支援)→簡単・便利。
Tylus(Finder補助ツール)→使い方が覚えられなくて、ほとんど使えていない
ClipMenu(クリップボード拡張)→WinのArtTipsの代用として。地味に便利。
Alfled(キーボードランチャー)→キーボード派には必須。超便利。
LibreOffice(オフィスソフト)→MS Officeのファイル閲覧用。
TotalFinder(Finderにタブ機能など各種便利追加)
Last.fm iScrober(Last.fmへの音楽データ自動アップロード)
BetterTouchTool(トラックパッド拡張用/主にアプリケーションスイッチ機能)
MPEG Stremclip(動画変換・統合ソフト)
NNDD(ニコニコ動画閲覧ソフト)
SiteSucker(サイト一括ダウンロード/ブログバックアップ用)
Calibre(電子書籍管理・作成ソフト)→ePubファイル閲覧用として。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ