蠅の王 -Lord of the Flies-

ウェブと営業と三行日記。

タグ:分析

件の記事の「東電のピーク時供給量は恣意的に操作されているのか?」の
疑問について調べてみた。

記事内で問題としているのは、ヤフーなどでも掲載されている電気予報の電力使用率を
算出するために計算式「当日実績/本日のピーク時供給力」のうち、分母である
「本日のピーク時供給力」を東電が意図的に低く発表していないか、ということだ。


●「供給力」と「ピーク時供給力」
東電の6月6日の発表では、6月中の見通しを発表しており、
6月第4週現在の供給力は「4,960万kW」としている。
にも関わらず、「本日(6/25)のピーク時供給力」は、
東電の電力の使用状況グラフによると「4,360万kW」となっている。
(5月13日の発表では、「7月末に供給力を5,520万kW」確保の見通しが立ったとしている)


●「供給力」と「ピーク時供給力」の590万kWもの差とは何か
では、6月6日の発表では、6月第4週の供給力を4,960万kWとしているにも関わらず、
6/25のピーク時供給力を4,370万kWとしており、590万kWもの差があるのは何故だろうか。

「(本日の)ピーク時供給力」の定義は、先程の東電の電力の使用状況グラフの
ページの最下部に説明が記載されている。

※ピーク時供給力とは、電力需要のピーク(最大電力)にあわせた供給力のことであり、
火力、原子力等の固定的な供給力に加え、需給が逼迫した場合、素早く対応可能な
揚水式発電(水力)が一定量含まれております。
なお、需要が供給力を上回る緊急時には、更に揚水式発電を一時的な供給力として
追加できる場合がありますが、発電可能な時間に限りがあるため、追加分については
ピーク時供給力には含んでいません。


つまり、590万kWもの差とは、大部分が「追加分の揚水発電」と読み取ることができる。
なお、6月時点の情報は見つからなかったが、4月発表時点での揚水発電は400万kWであり、
これは発表時の「供給力」の中には含まれている。
そして、これが東電の説明では、「ピーク時供給力」には含まれていないことになる。
(400万kWの根拠は週刊ダイヤモンドの記事による)



●東電が「揚水発電」を「ピーク時供給力」に入れない理由
では、東電が「揚水発電」を「ピーク時供給力」に入れない理由は何か。

週刊ダイヤモンドの取材によると、
「東電がようやく認めた“隠し玉” 揚水発電で夏の電力不足解消へ」

[1]揚水発電を行う夜間電力の確保の問題
揚水発電は、発電までの電力ロスが30%なので、日中の発電量に対し約1.43倍の
夜間発電量が必要
となる。つまり、安定的な夜間の固定供給力が見込める分しか、
確実な「供給力」としては組み込めないということだろう。
(仮に590万kWを揚水発電で生み出そうとすると、843万kWの余分な安定的な夜間電力が必要)

[2]家庭や企業に節電を促したい
夏場の「最大電力需要」に対し、確実に「供給力」が上回ることができるか不透明なことと、
現状で見込んでいる「供給力」には、老朽化した発電所が含まれ故障リスクもあると考えて、
節電により、できるだけ夏場の「最大電力需要」を下げて欲しいということだろう。
(上記「だろう」の部分は、ダイヤモンドの記事を踏まえての私の解釈も入っている)


●東電の「ピーク時供給力」算出の考え方とは?
上記を踏まえて、よくよく東電の立場を考えてみると、「ピーク時供給力」というのは、
絶対確実な数値を出さなければならないという考えから、算出しているものと推測される。

つまり、夜間電力が少なく揚水発電で上手く電力確保できなかったり、
老朽化した発電所が故障し供給力が落ちてしまったとしても、
対応可能なバッファ込みのギリギリのラインの数値として、だ。

何しろインフラであるのだし、「ピーク時供給力」を見誤って意図しない停電が
発生することは許されない。だからこそ、確実とは言い切れない
「追加分の揚水発電」は、「ピーク時供給力」に入れられない訳だ。

それに、東電の立場からすれば、当日の「最大電力需要」+バッファ分
(安定供給に必要な予備電力8−10%分くらいか?)の「ピーク時供給力」が
確保できていれば、それ以上高めの数値を出すメリットはない。
むしろ、見かけの数値で安心されて節電を疎かにされては、肝心の夏場がより心配になる。



●まとめ及び東電の意図の推測
発表時の「供給力」は実現可能な最大数値、「ピーク時供給力」は絶対確実な数値
という意図で東電は公表しているのではないか。
そして、6/25時点での「供給力」と「ピーク時供給力」の590万kWもの差は、
大部分が確実に確保できるとは言い切れない「揚水発電」であると考えられる。

「ピーク時供給力」については、東電は低めの数値を発表している可能性はあると思われる。
ただ、元々そんなに供給力に余裕がある訳ではないので、仮に低めにすると
言っても、せいぜい100−200万kWと全体の2−4%程度ではないか。
よって、もし低めに発表しているにしても、何か変な意図があるのではなく、
単に確実性を期すためではないかと、私は推測している。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

■東京で突出して多いFacebook検索数

現在、Google Insights for Searchで検索数を調べると、Facebook>Twitterとなり、
かなりFacebookが上回っていると出てくる。
だが、地域別に見ていくと、東京を除く地域では、検索数はほぼ全ての地域で
Twitterの方が多く、東京を除くと明らかにTwitter>Facebookとなることが分かる。

東京を除く46都道府県では、ほぼ全てがTwitter>Facebookという検索数になっており、
それもかなり差があるにも関わらず、全体での検索数だとFacebookがかなり多い。
即ち、東京からのFB検索数が、46地域での検索数の差を逆転し、
さらに大きな差をつけるほど突出して多いことになる。

Facebookの日本国内の検索数は、経年比較をしてもずっと東京が突出して多いのだが、
2008-2009年を境に東京以外の地域との差が非常に大きくなっていることが分かる。
これは、2009年にFacebookが世界一のSNSになったからと推測している。

FacebookはMyspaceを抜いて世界一のSNSとなった2009年後半から2010年にかけて、
日本国内でも100万人くらいのユーザー数がいると言われていたが、
実感値としてはかなり違和感があった。
だが、「日本でも外国人利用者が多い」という仮説が正しければ、納得できる。

※ 参考記事
Google先生が教えてくれた日本におけるFacebookの利用の実態 - もとまか日記
http://bit.ly/fRRJUp



■Facebookの「ユーザー数」と「日本国内での検索数」

なお、日本国内からの外国人のFacebook検索数が多いことは、
日本国内(と言うか東京)に外国人のFacebookユーザーが多い、という説明にはなっても、
「公表されている日本人ユーザー数の中には外国人が多く含まれる」という話にはならない。

つまり、日本でのFacebook利用状況の話をする時には、
「公表ユーザー数」 と「日本国内での検索数」を同列に扱ってはいけない訳だ。

少なくとも「Facebookの国内での検索数がTwitterより多いから、
FacebookがTwitterより勢いがある」というのは、明らかな間違いと言えるだろう。
検索数で分析するならば、「国内の日本人ユーザー」なら
「国内日本語ユーザーでの検索数」を見なければならない。

一方で、Facebookの「国内の日本人ユーザー」ではなく、「日本人ユーザー」について
検索数で分析する場合は、ほぼ日本語と思われる国内利用者に対し、相当数いると
思われる日本人の海外での利用者は、日本語とは限らないことに留意すべきだろう。


■Facebookの日本における利用状況を分析する際の注意点

以上のことから、Facebookにおける日本人ユーザーについて分析する際は、
「日本国内」「海外」の利用に分けて考えた方が良いと言える。
特に、国内でのFacebookの普及状況について分析するのなら、
「日本国内の日本語ユーザー」に限定しないと、実態と大きく乖離してしまいそうだ。

もし、講演とかセミナーでFacebookの国内での利用状況について話す人がいたら、
「日本人ユーザー」の定義について確認した方が良いかもしれない。
「国内」「海外」の合計なのか片方だけなのかで、分析の見え方が大きく違ってくる。
この点を考慮していない分析は、あまり当てにはならないという訳だな。


■Facebookの日本人ユーザー数について
Facebook Adsでの日本在住者への配信数は、
2010年10月時点で159万人(男性76万人・女性が80万人)で、
2011年2月時点で224万人(男性126万人・女性が95万人)。
4ヶ月で65万人のユーザーが増加している。女性の増加が少ない。

なお、全体では224万人だが、東京在住者に限定すると、
53万人(80km圏内でも66万人)。大阪在住者に限定すると、5.6万人。
全体の人数に対し、地域単位での数が少なすぎることから、
地域情報はプロフィールの「居住地」ベースだろう。

また、「日本語」使用者に限定すると、配信数は137.5万人とほぼ2/3にまで減少する。
(ちなみに、米国在住での日本語使用者は、8.1万人)
即ち、2011年2月時点で、Facebookの日本在住の日本語ユーザー数は、
137.5万人となり、残りの日本からの利用者86.5万人は外国人と思われ、
彼らのほとんどは東京からFacebookにアクセスしていると推定される。

※ Facebook Adsでの国判定は、IPベースで、プロフィールに居住地情報が記載されて
  いる場合は、居住地が優先される(FacebookのHelp参照)。
※ Facebookの言語判定がどうやっているのかは不明。誰か教えて。

このページのトップヘ